中学生の身長を伸ばす睡眠

中学生の身長を伸ばす睡眠は?睡眠時間を確保して学力身長アップを目指せ!

 

中学生の期間は身長が最も伸びる人が多い期間です、
そして、身長を伸ばすのに大きく影響してくる要因が睡眠時間です。

 

睡眠時間をシッカリ取ることにより、寝ている間に成長ホルモン分泌量が増えます。
その結果身長を伸ばすことに繋がります。
また、質の高い睡眠は、記憶力向上、集中力アップにもつながります。

 

睡眠時間を大切にし、身長学力アップを目指していきましょう。

 

中学生の身長を伸ばす睡眠とは?

 

小学生の頃は、10時間以上は寝るように勧められていたと思います。
中学生も健全な成長を見込むには、9時間以上の睡眠時間は必要です。

 

中学生の身長を伸ばす要因の一つが睡眠時間ですが、多くの中学生は睡眠時間が不足しています。
睡眠時間が不足すると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が抑えられます。メラトニンには、性ホルモンの働きを抑える働きがあるので、思春期を遅らせる効果があるのです。
しかし、睡眠時間が短く、質の高い睡眠が得られていない状態だと、思春期が早く訪れ、大人の体に変わり身長が伸びなくなっていしまうのです。

 

中学生は、とても過敏な時期であり、質の高い睡眠を得ることができないと身長の伸びが小さくなるばかりか、早く身長の伸びが止まってしまう可能性があるのです。

 

質の高い睡眠、毎日9時間以上眠ることで成長ホルモンが分泌され身長を伸ばす効果が高まります。同時に、メラトニンが分泌されて、成長期の期間が伸びます。
睡眠の質は、中学生が身長を伸ばすて行くためにとても重要な役割を持つものなのです。

 

中学生の睡眠の質を高めるためには?

 

中学生の睡眠の質を高めるには、第一に子供が寝る環境を整えることが重要なことです。
中学生は、夜寝ている間にコップ一杯分はかきます。
それだけの汗をパジャマと布団で吸収することになります。

 

そのため、吸湿性の良いパジャマで毎日清潔な状態にしておくこと、そして、布団は定期的に日光に当てて干しておくことが大切。
快適な睡眠環境を作って中学生に与えることが質の良い睡眠には欠かせません。

 

また、日中の間に十分に体を動かして代謝を上げることも重要なこと。適度な運動は適度に疲労します。
その結果、暗くなると自然と眠くなり、睡眠の質が高まってくるのです。

 

さらに、寝ている間の成長ホルモンの分泌には、栄養素がとても重要な役割を果たします。
寝ている間に成長掘るノンノ分泌、身長が伸びていくように、十分な栄養素の摂取を行っておきましょう。

 

欧米人と日本人の身長

 

世界で一番平均身長が高い国はオランダ。男性の平均身長は184センチ、女性の平均身長は171センチです。
日本人は、男性171センチ、女性が161センチです。
どちらも10センチ以上オランダ人の身長が高いです。

 

このオランダ人と日本人の間の身長差に影響しているのが睡眠時間だといわれています。
日本人は、小さなころからの睡眠時間の影響で、思春期の到来が早くなります。
その結果、欧米人よりも1年以上も思春期が早くなり、身長の伸びがストップしてしまう人が多い。

 

子供の身長を比較した際に、14歳くらいまでは、欧米人、日本人ともに身長差はありません。
その後、ぐんぐん身長差が広まり、大人になったときには10センチ以上の身長差になってしまうのです。

 

そのため、子供の身長をぐんぐん伸ばすため、思春期を遅らせ身長を伸ばす期間を増やすためには、小さなころから充分な睡眠時間を確保する必要があるのです。

 

小学生なら10時間以上、中学生なら9時間以上は寝なければいけません。

 

気を付けて中学生を見守ってあげましょう。

効果的に身長を伸ばすためには?

 

効果的に身長を伸ばすためには、毎日の栄養素、睡眠、運動を心がけることが大切です。
どれを欠いても身長が伸びなくなる可能性があります。

 

中学生は最も身長が伸びやすい時期です。
その時にぐんぐん身長を伸ばしていけるようにシッカリ見守ってあげるようにしてください。

 

あなたがシッカリサポートしてあげれば、確実に身長は伸びます。
正しい知識を取り入れてあなたの子供と一緒に頑張ってください。

 

 

中学生の身長を伸ばす方法